サイバーエージェント FC町田ゼルビアを子会社化

先日から投稿しているタイトル記事ですが、本日10月1日、サイバーエージェントとFC町田ゼルビアの記者会見がありました。
それぞれのお知らせはこちらになります。

サイバーエージェント
日本プロサッカーリーグ FC町田ゼルビアのサイバーエージェントグループ参画に関するお知らせ


FC町田ゼルビア
J1ライセンス取得に向けたクラブの体制強化について


サイバーエージェントが1日、都内で会見を開き、J2のFC町田ゼルビアの運営会社・株式会社ゼルビアが第三者割当増資で発行する株式を引き受け、8割の下部を取得し子会社化すると発表した。町田は今後、サイバーエージェントグループの傘下に入る。

※買収ではなく、子会社化という表現が適当のようです。

とはいえ8割の第三者割当増資の取得、11.48億円の出資というのが驚きです!

資本金が全てではありませんが、同じ東京都をホームタウンとする
FC東京11.8億円
東京ヴェルディ2.8億円
※去年J1リーグを制覇した川崎フロンターレは3.4億円
とのことで、クラブとしてのステータスが一気に上がり、新たな東京の核となるクラブに生まれ変わるかもしれませんね!

まだ今シーズンが続いておりますが、今年J1には昇格できなくても、選手たちには良いモチベーションになるものと思われます!

なお、画像はサイバーエージェント社のIRページから拝借させていただきました