中国共産党への賠償請求

現時点で、8カ国が中国に賠償請求で1京1,000兆円となるとか。最終的には100カ国程度となりますが、総額はいくらになるのでしょう。30京円くらいになるのでしょうか。そんな数字生まれてこのかた使ったことがない。

新型コロナウィルスのパンデミックのみであれば、あまり賠償請求に至らなかったのでは、と考えています。

何よりもまずかったのは中国共産党の態度の悪さです。まず、武漢発祥のウィルスをアメリカのせいにしようとしたこと。この時点でオウンゴールでしたが、その後中国共産党はハード・ソフトを通じて世界各国に嫌がらせを始めました。

例えばマスクの供給を独占状態としながら、粗悪品なマスクや、新型コロナウィルスが付着した状態で全世界に供給を続けたこと、また、

中国が南シナ海に新行政区 「西沙区」「南沙区」…コロナ禍に乗じて実効支配強化
https://www.sankei.com/world/news/200420/wor2004200013-n1.html

このどさくさに紛れて南シナ海に新行政区を勝手に名付け、実行支配強化をしたこと。最近では日本の沖縄本島と宮古島の間を中国空母「遼寧」が通過しているともききます。ただのならずもの国家です。

ひとつ言わなければならないことしたら、中国の人民の方々に恨みがあるわけでもなく、むしろ普段接する人たちはいい人ばかりです。それゆえに批判の対象は中国共産党にあるわけですよね。

おそらく同じく新型コロナウィルスに苦慮しているロシアさえ味方につけば、中国共産党はここ数年のうちに壊滅となるでしょうが、まずは日本もこの流れに沿って、親中国の二階幹事長は無視して、損害賠償の輪に加わってもらいたいところです。