2019年12月 大久野島(うさぎ島)の旅

だいぶ前の話になりますが、2019年12月、700匹のうさぎが住むといわれている大久野島に宿泊してきました。

元々は1人旅の時間がとれたので、広島あたりにでもお好み焼き食べに行こうかなあ、と軽い気持ちでいました。ただ、その年のゴールデンウィークに岡山・尾道・しまなみ海道の旅に行った際に、ぜひとも立ち寄りたかった大久野島は時間の都合で断念していたため、一度行ってみたかった気持ちが強くなっていました。それでも離島ということもあり、アクセスが制限されるとか、1人では行きづらいかなあ…と思っていたところ大久野島唯一の国民休暇村でキャンセルが出ていたため、迷わず予約。大久野島に行くことを第一の目的とした旅にしました。

それでも1日目。広島空港に降り立ち、まずは、お好み焼きを

広島空港から三原駅行きのバスに乗車した方が早いのですが、広島駅にも寄りたかったので、広島からわざわざJRに乗車して三原駅へ。三原駅から徒歩5分の三原港からの連絡船で行く手段を選びました。

大久野島へのメインとなる手段は、呉線忠海駅至近、忠海港からの船ですが、どうやら土日は非常に混んでいるらしい、、という噂もあり、三原港から出ている船は土日のみの運行ながら、予約もできて便利かな、と思いそちらにしました。少し運賃はお高めですが。

こちらも非常に混んでいるだろうなあ、と思っていましたが、蓋を開けてみると乗船は5名ほどでした。

三原港から大久野島へは、途中の港も立ち寄り30分ほど。かなりのスピードでかっとばします。

ほどなくして大久野島に到着しました。続